キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 のぼりの印刷 : のぼりの真実

のぼりの印刷

のぼりの真実

のぼりの印刷には、ダイレクトプリントとシルクスクリーンがあり、印刷データの内容と色の数、製作枚数で選びます。

新着記事

  • 良いのぼりとは?

    宣伝のために使用するのぼりであった場合、どんなのぼりが良いかといえば人目を惹くことであり、地の色や印刷する内容に工夫しましょう。

  • のぼりの価格相場

    のぼりの価格相場を知るためには、複数の製作業者に見積もりを依頼すること、その際にデザイン費や送料についても忘れない様にしましょう。

のぼりの印刷

のぼりを製作する過程で必ず必要になってくるのが印刷です。

のぼりには何かしらの印刷がされるものですが、外に設置することも多いのぼりには一体どの様な印刷が施されるのでしょうか?

のぼりの印刷というのは、大きく分けると二つの方法があります。

枚数に応じて、それぞれの印刷方法にメリットとデメリットがあります。

一つはダイレクトプリントという印刷方法で、のぼりの生地に直接プリントする方法です。

わたしたちが自宅で持っているプリンターの様なものをイメージしてもらえるといいでしょう。

CMYKといって多くの色を再現することができ、写真の様な細かいデータであっても、紙に印刷する様にきれいにプリントをすることができます。

ダイレクトプリントであった場合、小ロットでもコストが掛からないので安価で作ることができます。

ただし、枚数が増えれば増えた分価格は高くなります。

また気になる印刷後のことですが、防水加工ができるので、屋外で多少雨などに濡れても問題がありません。

もう一つはシルクスクリーンという印刷方法です。

このシルクスクリーンというのは、ダイレクトプリントと異なり、一色ずつ版を作ってプリントする方法です。

このことからもわかる様に色の数が増えれば、その分費用が高くなります。

印刷する枚数が増えれば増えるほど、コストが安くなります。

ダイレクトプリントの様な細かいデータの印刷はできませんが、シンプルなデザインで大量に製作したいという場合に向いている印刷方法です。

※参考ニュース>>>http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20151028/CK2015102802000020.html

Copyright http://www.premiertitleonline.com/. AllRights Reserved.