キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 のぼりの生地 : のぼりの真実

のぼりの生地

のぼりの真実

のぼりの生地を選ぶ場合は、軽やかになびくものがいいのか、設置する場所の雰囲気にあっているかなど、他、耐久性の善し悪しなども関係してきます。

新着記事

  • 良いのぼりとは?

    宣伝のために使用するのぼりであった場合、どんなのぼりが良いかといえば人目を惹くことであり、地の色や印刷する内容に工夫しましょう。

  • のぼりの価格相場

    のぼりの価格相場を知るためには、複数の製作業者に見積もりを依頼すること、その際にデザイン費や送料についても忘れない様にしましょう。

のぼりの生地

のぼりといえば、使用されているのは布や化繊の生地が使用されています。

柔らかい生地を使用することで、風にほどよくはためき、のぼりに書かれている文字を周りにいる多くの人に知らせることがでいます。

屋外に設置させることの多いのぼりですが、どんな生地が使用されているのでしょうか。

のぼりに適している生地を調べてみました。

のぼりの生地を選ぶ場合、軽やかになびくものがいいのか、設置する場所の雰囲気にあっているか、生地の品質などをポイントにみましょう。

また、のぼりを設置する期間によっては耐久性も重要となってきます。

一般的にのぼり多く使用される生地といえば、ポリエステル生地のテトロンポンジという生地です。

テトロンポンジは定番生地ともいえますが、他の生地に比べると安価で製作できることもあって多く選ばれています。

軽くて利用しやすく、インクの浸透率が良いので、きれいにプリントをすることができます。

雨や風などの天候に対して耐久性がある生地が良いという場合は、ポリエステル地のテトロントロピカルがおすすめです。

テトロンポンジに比べるとインクの浸透があまりよくありませんが、耐久性があるので長持ちさせたい場合や大きなのぼりを製作したい場合には良い生地です。

木綿生地でおすすめなのは天竺です。

木綿100%の生地で厚みがあるので、耐久性が良くなっています。

屋内ののぼりに適しています。

その他の木綿生地には金巾があります。

薄手で安価な生地で、伝統的な手染めなどの和風のぼりなどに使用されます。

Copyright http://www.premiertitleonline.com/. AllRights Reserved.